賃貸にあるリフォーム事情

賃貸情報などの新着物件特集で見かけるのが「~月~日リフォーム済み」と項目です。
リフォームしていれば部屋は綺麗そう、と思います。
が、その程度というのは実際に中を見てみないと分からないものです。
たとえば、ただ外壁をおしゃれな色に塗装しただけであったり、コストを抑えてやった感が漂うようなリフォームなどです。
リフォームはリフォームだけど……、それではリフォームっぽい事をした、と言うだけで済んでしまいます。

大家の方も不動産から言われて仕方なくやったのでしょう。
できるだけ安く済ませたい、という事情を汲みそういうリフォーム結果になったという可能性があります。
ともあれ、それは多くの入居者に入って欲しいというアピールになります。
古い物件をわざわざリフォームして変えた訳です、入居希望する借主が現れる事を待っているはず。
不動産にとっても空室のままにしておくのが一番の無駄なわけですから、いくらかの家賃交渉の余地はあるかと思います。

安くして貰えたとしても、そこで契約するのはまだ早計です。

まずやることは、新着物件特集などを見てリフォームを確認してみましょう。
そして気になる物件があったら直接見に行き、その具合を確かめてください。
そのリフォーム具合を気に入った、もしくは受け入れられるのであれば、後は周辺の利便性になるかと思います。
他にも付近の物件をいくつか見ておくと良いでしょう。

スーパー・コンビニ・銀行などの商業施設、公共施設などが近くにあるかどうか。
ここはもうリフォームとは関係ありません。

そこをすべて加味した上で契約の是非を決めるようにしてください。

リフォームしているところは大体手ごろな家賃になっています。
外見が古く、部屋の中もボロボロ、だから人が入らないというのが事情です。
そして立地条件も悪ければ魅力はありません。
せめて内装や外装を綺麗にして借主を呼び込みたい、というのがリフォーム理由になります。
それほど人を入れたいという事情がある、というのは覚えておいてください。

計画通りに賃貸探し

賃貸物件ではピーク時期というものがあります。
物件探しに引越し、賃貸へ住むというのも何かとお金が必要になってきます。
そこをできるだけ費用を抑えて、賢く探したいと思う人も多いかと思います。
が、転勤や就職や入学などの時期は自分で選ぶことができず、結局はピーク時期と被ってしまうことになったりします。

準備はいつからでもできますので、早めの段階から動いた方が充実したお部屋探しができるかと思います。
どこの地域へ引っ越すのかが決まっていれば、探すのはそう難しくはありません。
不動産のホームページへ行き、新着物件特集などのコーナーを早い時期から時折覗いておくと良いです。

ピークの時期は3月です。3月は入試の結果も出て、新年度に向けての生活で物件が最も流動する時期になります。
新しい物件を求める人が非常に多いため、物件数も多く出回りますが、その分ニーズも多いです。

この時期に合わせて動くのは得策ではありませんが、やむを得ない状況という場合もあるでしょう。
他の人と差を付ける部分は、早い段階からの情報収集と即決です。
その時期でないと出てこない物件もありますが、ほとんどが新築になります。
貸す側もその時期に合わせて建物を完成しようと狙うので、この時期が出回る新築物件がもっとも多いです。

新築物件を狙うのであれば即決です。
即決と言っても考え無しに決めてはいけません。
許容できる範囲とできない範囲を明確にして、住めるところを見つけたら即決めること。
妥協できないとずるずるとハズレに住むことになります。

また次に忙しい時期はそれから9月から11月になります。
この時期は企業の転勤などで家族の引越しが多く、需要も高まります。

時期に縛られないのであればそのピーク時期から少し外した時期がベストです。
どうしても被ってしまうのであれば先程も言ったように、念密な情報収集と即決が鍵になります。

計画通りっ、とニヤっとしたいのであれば事前の情報収集は欠かせません。

今では便利な賃貸物件探し

一人暮らしをするため、色々と賃貸物件を探すかと思います。
まずは自分には何が必要で、何があれば便利なのかを確認する事が必要です。
その後に色々な情報を集めることになるかと思います。

賃貸物件と言っても種類は様々です。
各不動産が発信している新着物件特集を見ても、その数は膨大です。
その中からベストの賃貸物件と巡り合えるようにするためにはこちらの欲しい条件を固めておく必要が出てきます。
その条件を元に探していけば何倍もの速さで探すことができます。

また、一人暮らし向け賃貸物件に特化したサービスを利用するのも手段のひとつです。
新着物件特集にある物件でも、求める条件からお部屋を探す事ができます。
賃貸物件検索は絞り込むのに非常に便利です。
ただ、条件が厳しいと1件も見つからないという場合が多々あります。
どこが妥協できて、妥協できないのか、そこをはっきりさせとく必要がでてきます。

またそこで良い物件を見つけたら、直接不動産へ出向く前に電話で問い合わせた方が無難です。
今もその物件は空いているのか、などの確認を取るためにです。
たまに埋まっているのにも関わらず、空き物件として宣伝している場合もありますのでそのための確認になります。
わざわざ行って埋まっていました、といわれる前に確認ができるのであればしておいた方が良いと思います。

住む場所が決まっているのであれば探すのも楽になります。
地域が絞り込めれば探すのも容易になり、探す手間は半分以下で済みます。
とは言っても、どこに住むのか決まっているからこそ部屋を探すかと思いますけど。

最初からすべての希望が適った場所、というのはなかなか決まりません。
不本意な部分もあるかと思います。が、妥協していかないとなかなかに厳しいです。
家賃の問題も、また立地条件もありますから。
トイレと風呂が別々であったとしても、交通に不便な場所にある、という事もあります。
どちらに優先順位を付けるのか、そこが難しいところです。
両方の希望が適う物件が見つかれば良いですけど。

インターネットで物件探し

今では部屋探しをインターネットでできてしまいます。
自分に合わせた条件で検索すればそこに合った物件が出てきます。不動産屋のホームページある、新着物件特集などのコーナーがそうです。
大手の不動産会社などは賃貸も含めて、検索ができるサイトが今は非常に多くなっています。

ちょっと空いた時間にインターネットで部屋を検索し、住みたい場所の相場がいくらぐらいなのか、どういった間取りをした部屋があるのかなどを調べる事ができます
そこから不動産屋へ連絡を取ることもできますので空き物件の情報などもすぐに聞くことが可能です。
その後、不動産店舗へ出向きます。

日当たり良好とは言っても1日で30分しか日が差さないのでは意味がありません。
防音になっていたとしても周囲の騒音がうるさかったらどうしようも無いです。
明るい住人ばかり、と言って外国人では意味が違ってきます。

そういう細かいところも自分の目で確認しておくべきだと思います。
嫌なイメージを別の言い方にして言っているところも結構ありますので注意しましょう。

また周囲の状況などを観察しておくと良いと思います。
やたら路上にゴミが落ちていたら、そこはそういう場所だということです。
駐車場にゴミが散乱していて、実はそこで夜中若い子達が夜中まで大声で騒いでいる、という事もあったそうです。
周囲の環境はその環境に出ているはずです。

インターネットで部屋を調べる場合、数に制限はありません。
また不動産会社を限定する必要もありませんので、複数のサイトを確認して都合の良い部屋を見つけてください。
昔は賃貸雑誌を片手にめくって調べていましたが、今ではネットでできてしまいます。
それがどれだけ便利になったのか、二十年前の自分に教えてやりたいです。

インターネットでのお部屋探しは、同一物件の情報がほかの不動産屋のサイトで紹介されている場合もあります。
場合によっては賃貸料金に差があります。時間があれば調べて良いかもしれません。
5000円違えばかなりの違いになるかと思います。

賃貸物件探しに適した時期

賃貸物件を探すとき、効果的な時期があります。
不動産での物件の動きは、一年を通していつも同じというわけではありません。

引っ越しが多い時期というのもあれば、少ない時期というものがあります。
その影響で、自然と空き物件の数の増減が起こります。
住む場所が空いていなければお部屋決めも引越しもできませんから。

最も賃貸物件が動く時期は、1~3月がピークになります。
1年を通して物件が豊富に流れる時期です。
なぜだか分かりますよね? 新社会人、新入学の時期になります。
この時期に狙って物件を探す人が非常に多いです。
オススメ物件特集に載る物件が充実し出すのもこの時期でしょう。
不動産屋にとってもかきいれ時になります。

良い物件が増える時期ではありますが、需要が増えるため家賃の価格も高くなる時期でもあります。
またさっさと決めないとすぐに埋まってしまいます。
多くの部屋が空いている時期でもありますが、すぐに埋まってしまうのが1~3月です。

逆に賃貸物件の流れが少ないのは6~8月、11~12月になるそうです。
あまった物件に済むことになりますが、その分家賃などの価格は低くなる時期でもあります。
不動産屋や貸し出している大家側にとっては部屋が埋まった方が良いわけです。
そのため、空き物件をなくそうと入ってくれるようサービスをしてくれる場合も。
1~3月は呼んでいなくても人が集まる時期で、この時期はなかなか集まりません。

言っておきたいのはあまった物件があなたにとって合わない物件かどうか分からないことです。
うまくいけば楽にすんなりと住みたい部屋に住める可能性が出てきます。

大切なのは常にアンテナを張っておくこと。
あからさまに人気な物件を探すのであれば1~3月で、そうでも無さそうな物件であれば11~12月とかになるかと思います。
あくまで目安なのでその時期が正解なのか、という事は難しいところです。
お部屋探しの参考にでもなれば、と思います。忙しい時期を避けて探すのもひとつのテクニックというだけの事になります。

1~3月のお部屋探し

一年の内で物件探しが困難な時期という期間があります。それは、春先です。
この季節は、受験に合格した学生達が一斉にお部屋探しを開始する時期になります。
また多くの企業でも新入社員を迎える時期、同時に転勤のシーズンと重なるため引越しする人が急増します。
そういう理由から、1~3月にかけては不動産業界にとってもっとも忙しい時期になります。

この時期は物件が見つからない以上に、家賃交渉が困難な時期でもあります。
不動産側からしてみたら呼ばなくても多くのお客さんが訪れます。
なので、あなたがこの家賃で納得しなくてもすぐに別の入居者が見つかる、というと事で不動産側が妥協する事はまず無いのです。
どうしても入って欲しい時期であれば家賃交渉の価値はありますが、誰でもすぐに入ってくる時期では聞いては貰えないでしょう。

それを見据えて早い段階からオススメ物件特集などを見て、その時期に入る前に決めてしまうのです。
周囲と同じ時期に始めても遅いのはもうお分かりかと思います。
スタートを切るのが早ければ、それだけ有利に進める事ができます。
また引越業者もこの時期になると、時間指定などをすると割増料金が発生する場合もあります。
早い段階から予約しておかないと、最悪その日までに転居できないという事にもなりかねません。
週末や祝日などには予約で埋まっているので、平日や午後の遅い時間にするしかない、という事もあります。

ではこの時期はダメなのかというと、ダメな部分だけではありません。
この時期は非常に需要が多くなるため、供給の方も多く増えます。
アパートやマンションなどの大家はこの時期に完成するように施工するため、新着物件が非常に多くなります。
家賃の方は割高ではありますが、良い物件に巡り合える良い時期でもあるのです。

しかし、一年の内でもっとも忙しい時期です。
少しでも迷っているとあっという間に他の人に取られてしまいます。
いい物件に巡り会えたら即決断が良い方法だとは思います。

新築マンションのメリット

新築マンションのメリットはいくつかあります。
まず、大体の新築マンションは、通勤や通学、商業や公共施設へのアクセスが便利で、日常生活に必要な導線上に建てられる事が多いです。
新着物件特集などのコーナー内でも勝手の良い場所は景色が良い場所以上に人気です。
最近建つマンションがどこも高層なので日当たりについての不安はありません。
もちろん南向きにベランダがくるように設計されていると思うので、洗濯物などの不安は無いでしょう。
この立地条件が良いということは、生活費のコストを抑える効果もあります。
建物が新しいのであれば災害や耐火構造、耐震や免震では新耐震基準という耐震性能を備えており、鉄筋コンクリート構造だというのも特徴です。

ただ部屋からの眺めと、移動する面倒さは反比例します。
高いところの方が移動には大変面倒です。賃貸では分かりますが、購入するとなると考え直した方が良いでしょう。

セイキュリティに関してはどうでしょうか。
最近の新築マンションは防犯システムなどはびっくりするほど充実しています。
エントランスの入り口には監視カメラにオートロック、玄関ドアには2箇所以上の鍵付き、エレベーターホールや駐車場には防犯カメラです。
最近では警備員が常駐しているところもあります。
どんな事が起こるかは分かりませんが、セキュリティに関してはマンションがダントツで安全です。

価格的には戸建てを購入するよりかは安く済みます。
が、できることもかなり狭まってしまいますので住む人にとって得かどうかは分かりません。
マンションの一室を購入したとしてもリフォームなんてできませんし、増築なんかも不可能です。
生活環境は整っていますが、その人にとって住みやすい環境なのかは部屋の間取りや周囲の環境との相談でしょう。
またご近所付き合いというのもありますが、それは住んでからの話になります。

最近では重要のあまり無い場所にマンションが建つことがあります。
そこへ強引へ契約させてこようとする不動産屋もあったりするのでよく考えて返事をしてください。

賃貸物件の紹介事情

通常、マンションやアパートの賃貸物件は大家、つまりその物件の所有者です。
その大家は不動産屋に管理や入居者募集を依頼します。
依頼された不動産屋がその賃貸物件の管理、入居者を行います。
当然大家が直接管理する場合も、また入居者を募集する場合もありまので一概には言えません。
また大家が1つの不動産屋だけでなく、複数の不動産屋に入居者募集を依頼する場合もあります。

依頼された不動産業者は、1日でも早くその物件の入居者を入れたいと考えます。
直接の利益にも繋がりますし、贔屓にしてくれた大家の信頼を裏切る事にもなります。
最悪、契約を打ち切られ他の不動産屋に委託されてしまう可能性もゼロではありません。
なので、不動産屋は自分の会社はもちろんのこと、他の不動産屋にもその物件の入居者を紹介してもらうという事があります。

ネットなどで新着物件特集というコーナーを見てみると、同じ物件を他のサイトでも見かけた事があるかと思います。
すべてがこういう事情というわけではありませんが、大家側がより多くの居住者を得たいという事でもあります。
そのことを大家側が分かっているのかはどうかも分かりません。
ただ不動産屋に言われるがままそうしている場合もあります。
これは1つのたとえば、の話です。

入居者募集を依頼された不動産屋がわざわざ他の不動産屋に頼まなくても入居者をすぐに見つける事もあります。
極端な話、人気がある物件は紹介されているところが少ないとも言えます。
なかなか入居者が決まらないからこそ、多くのところで紹介されているのです。
という事は、入居率の高いところは直接、入居者募集の依頼を請負っている不動産屋へ行かなければならないということになります。

とは言っても、その人気物件があなたにとってベストな選択なのかどうかまでは分かりません。
人気があるのにはそれなりの理由があるとは思います。
が、それがすべてあなたとマッチするとも限らないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ